主将より

第65代明治学院大学体育会ワンダーフォーゲル部の主将を務めます、心理学部心理学科の岩室幸祐と申します。

私たち65代は、「summit」という言葉を活動方針に掲げました。summitとは頂という意味です。私達はこの言葉に、土台となる広い努力を重ねて頂上を目指すという意味を込めました。体力、技術、知識をより深め、新しいまたは困難な山域へ挑戦し、様々な経験を積む事により集大成である夏合宿の成功を目指します。

主将として人の命を預かる部活として事故を未然に防ぎ、全員登山、全員登頂を目指していきます。また、自分は部員が成長できる機会を与える事も主将として必要な事だと思っております。挑戦することによって自らの力の成長を実感し、ワンダーフォーゲル部での時間が実りある時間だと感じてもらえるよう精進していきたいです。

まだ未熟者の主将ではありますが、主将としてこの部活で何ができるか、自分らしく泥臭く考え、ワンダーフォーゲル部全体を盛り上げていきたいです。

最後に第64代の皆様本当にありがとうございました。65代が頂上summitを目指せるのは64代がしっかりと土台を作り上げてきたおかげです。監督陣の皆様、65代はまだまだ半人前ですが、どうぞ見限らずにご指導お願い致します。

最後まで主将挨拶を読んで頂いた皆様、これからの一年間、精一杯気張りますので、65代の活動にご声援をよろしくお願いします。

 

明治学院大学体育会ワンダーフォーゲル部 主将 岩室幸祐

 

 

 

 

明治学院大学

MGWVアメブロ